すごいぞ100均!キャンプで使える100均道具10選!!【随時更新】

キャンプは初期費用が高すぎるので、その時点で挫折しそうになる方もいらっしゃると思います。

そこでご検討いただきたいのが、100円ショップのキャンプ道具。

実は100均にはキャンプに使える道具が眠っています
安かろう悪かろうではなく、ふつうに使えている道具もあって、最初から100均で道具を揃えればよかったと思うほどです。

ということでこの記事では、実際に私が使っている「100均キャンプ道具」をご紹介しますね。

関連記事>>>ソロキャンプ道具一式とかかった初期費用を紹介するよ

ダイソー

まずは特にお世話になっているダイソー商品から。

1.自作ローテーブル

100均自作テーブル

>>>100均でソロキャンプ用テーブルを自作してみたよ【工具不要】

100均の道具を使ってローテーブルを自作いたしました。
工具を使わない簡易的なものですが、ふつうに使えています

折りたたみもできるため、専用品とまではいかないまでもそこそこコンパクトに。

>>>100均でソロキャンプ用テーブルを自作してみたよ【工具不要】

2.クッカー風の食器

ダイソーのステンレス食器

>>>100均ダイソーのクッカー風の食器が安いくせに優秀だった件

ダイソーで購入したのが、クッカー風の食器です。
取っ手が折りたたみ式で荷物がコンパクトになりますし、食器としてのサイズ感もちょうどいい。

けっこう使い勝手が良くて気に入っています。

直火で使用可能かどうかも検証しましたよ。

>>>100均ダイソーのクッカー風の食器が安いくせに優秀だった件

3.万能ベルト

ダイソーのベルト

ダイソーで購入しましたのが、「万能ベルト」という商品。

着替えを圧縮して荷物をコンパクトにしたり、細々としたものをひとまとめにするなど、地味ながら活躍してくれております。

バイク乗りの方は、雨具をベルトで縛ってコンパクトにしても便利です。
私はワークマンのバイク用雨具「バイカーズ」を縛っております。

4.スキレット

フレンチトースト

>>>ダイソーのスキレットをソロキャンプで使ってみたのでレビューするよ!

ダイソーのスキレットは有名なので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

フレンチトーストやアヒージョなど、ちょっとしたものを作るときに大活躍中でございます

関連記事>>>俺が作りたいスキレットを使ったキャンプ料理レシピ15選!【随時更新】

ひとつあると便利だなあと思う商品ですね。

>>>ダイソーのスキレットをソロキャンプで使ってみたのでレビューするよ!

5.ペグハンマー

ダイソーのゴムハンマー

>>>ペグハンマーを100均のゴムハンマーで代用したらふつうに使えた件

100均商品の中でもっとも活躍しているのが、ダイソーのゴムハンマーです。
ペグハンマーの代用品として使っています。

安いだけでなく打ち込み音が響かないというメリットも

ペグ抜きがないデメリットもありますが、予備のペグで抜けば問題ありません。

ちなみにペグはホームセンターのものを使用しています。

>>>ペグハンマーを100均のゴムハンマーで代用したらふつうに使えた件

6.スリムボトル

ダイソーのスリムボトル

>>>ラーツー(ラーメンツーリング)に必要な7つ道具・装備

私は原付でキャンプツーリングに行きます。
そして軍仕様の大きなダッフルバッグに荷物をまとめるので、キャンプ場に行くまでに水分補給がしにくいです。

そのため取り出しやすくコンパクトな水筒があれば便利だなあと思っていました

するとダイソーでスキットルさながらのスリムな水筒を見つけまして、これが想像以上にデキる奴。

容量の大きくないタンクバッグにもちゃんと入りますし、ラーメンツーリングやコーヒーツーリングにも便利でした。

>>>バイクで行くコーヒーツーリング!ぼくが使ってる7つ道具をご紹介!

7.コンテナ

ダイソーのアルティメットコンテナ

>>>キャンプ中の食器乾燥にはダイソーの折りたたみ式コンテナがおしゃれだよ!

ダイソーに売っているアルティメットコンテナは、ミリタリー感溢れる見た目がおしゃれ。

使いみちは多々ありまして、テーブルの脚にも食器乾燥にも、小物入れにだって使えます

安くおしゃれなキャンプをしたい方にはいい商品。

>>>キャンプ中の食器乾燥にはダイソーの折りたたみ式コンテナがおしゃれだよ!

セリア

つづいてはおしゃれなイメージが強いセリアから。

8.シェラカップ

セリアのシェラカップ

>>>100均のセリアでシェラカップを購入したのでレビューする!

先ほどご紹介したダイソーの食器はクッカーに似ていました。
一方でシェラカップに似ていたのがセリアのもの。

見た目はもう完全にシェラカップですね(笑)

>>>100均のセリアでシェラカップを購入したのでレビューする!

9.トング

セリアのトング

焚き火やバーベキューに活躍してくれるのがトング。

わざわざアウトドアメーカーが出してるものを買う気にならなかったので、セリアで購入しました。

主にlixadaのウッドストーブで焚き火をするときに使用。。

関連記事>>>lixadaの折りたたみウッドストーブ・薪ストーブを使ってみた

なんの問題もなく使えています

10.銀マット

セリアの銀マット

セリアの銀マットです。

さすがに4月上旬のキャンプでは寒かったですが、5月中旬以降であればこれで十分
もちろん使用している寝袋にもよりますが、私が使用しているホワイトシークの寝袋であれば、5月中旬以降は100均の銀マットでいけました。

まとめ:100均道具を上手に使ってキャンプの費用を抑えよう

100均にもキャンプ道具として使えるものはたくさんあります。

キャンプは初期費用が高いのが難点ですから、100均商品を上手に使うことで、安く始めることが可能
100均だからと侮ることなかれ、一度ご検討してみてはいかがでしょうか?

以下の記事では、初めて揃えたキャンプ道具やかかった初期費用などをまとめています。

次の記事へ>>>原付バイク乗りが語る「必要最低限のソロキャンプ道具7選」

コメント