読書術

読書術

読書が苦手で大嫌いだった私が年間100冊読めるようになった3つの方法

この記事では、20年間で数冊しか本を読んだことがなかった私が、楽しく年間100冊の本を読めるようになった方法をご紹介します。 読書をはじめたてのころは、 ・楽しくない ・すぐ飽きる ・もはや苦行 という三重苦に悩まされ...
読書術

読書が続かない…を解決!94の研究で証明された習慣化の方法とは

読書に挫折しまくっていた私が年間100冊読めるようになった方法をご紹介します。 ・本を買っても3日で飽きる ・どうしてもヤル気が続かない ・積読本ばかり溜まっていく 私も同じような経験をしていますが、この記事でご紹介する「実...
読書術

小説が苦手で読めない人に送る「観る読書術」とは!?

登場人物を覚えられなかったり物語が意味不明になったりと、小説が苦手で読めない方向けに「観る読書術」をご紹介します。観る読書術は、主人公に心境や町並みをイメージしやすくするので、これまでより物語にのめり込みやすくなります。挫折経験者の方は試す価値はあるかと。
読書術

本が読めない・大嫌いを克服する「予告編読書術」とは!?

本嫌いで読書なんてろくにしたことのなかった私が、読書を楽しめるようになった方法が「予告編読書術」。本が読めない自分を攻めることもありましたが、いまでは「本の読み方」そのものが悪かったんだと気づきました。本はもっと適当に読んでいいはずです。
読書術

読書ができない?挫折経験者の『本の選び方』3つのポイントとは!?

読書ができない・挫折した原因は、センスがないとか努力が足りないとかではなく、そもそも本の選び方が間違っていただけかもしれません。私は年間100冊ほど本を読みますが、何度も挫折を繰り返しています。その中で挫折せずに読書をするには「本の選び方」が大切だと気づきました。
読書術

電子書籍派のぼくが唯一紙の本と使い分ける状況とは!?

紙の本が好きですが、便利なので電子書籍をメインに読書しています。しかし、ある状況になったときは紙の本を即買いします。紙の本と電子書籍にはそれぞれ魅力があるので、幸せ名読書タイムにするには使い分けが大事です。私は紙の本の匂いも、電子書籍の利便性も捨てたくなかった。
読書術

紙の本派だったぼくが電子書籍Kindleのメリット・デメリットを話そう

紙の本しか読んでこなかった私ですが、電子書籍を使ってみてその便利さに驚きました。紙は好きですが、その利便性には敵わず電子書籍kindleを中心に読書を楽しんでいます。特にビジネス書などのお硬い本が好きな方は、電子書籍のメリットを最大限享受できるかと。