ホームセンターの安いペグ4種類比較してみた!ついでに100均も!

ホームセンターのペグ4種類と、100均のペグ、そしてテントに付属していたペグを実際に使用して比較してみました。

・ホームセンターのペグは気になるけど実際どんな感じなんだろ?
・安くて使えるペグはないかな?

と私自身が気になっていたので、身銭を切って検証してみました。
ロープ止めという名前で販売されています。

正直ソリステのようなペグでなくとも、ホームセンターで売られている安いペグ十分かと

ホームセンターvs100均vsテント付属品

ホームセンターのペグ

・ホームセンターで購入した4種類のペグ(1〜4)
・ダイソーのペグ(5)
・ソロティピー1に付属していたペグ(6)

これらを実際にワンポールテント(バンドックのソロティピー1)の設営に使って、比較してみました。

ホームセンターのペグはすべて20cmです。

また使用したハンマーは「ペグハンマーを100均のゴムハンマーで代用したらふつうに使えた件」でご紹介したダイソーのゴムハンマーで統一。

以下の本文ではペグを識別するために「1番のペグ」のように番号で呼びます。

また、基準がなければ比較しようがないということで、ソロティピー1に付属していた6番ペグを基準として比較します。

6番の使用感としては、

・ワンポールテントを設営するときに抜けることがある
・細いからか地面に刺しやすい
・ちょっと貧弱で壊れないか不安

といった感じ。

先に比較した結果をかんたんにまとめておくとこんな感じです。

☆ペグ比較まとめ

・打ち込みやすさ

4.5.6番>3番>1.2番

・抜けにくさ、固定力

1.2番>3.4番>5.6番

では、詳細を見てみましょう。

1番

ホームセンターのペグ

まずは1番のホームセンターのペグから。

長さ:20cm
直径:0.9cm
価格:約250円

直径が1cm近くあるということで、ちょっとやそっとじゃ壊れなさそうで安心感があります。

またかなりしっかりと地面に刺さってくれたので、ペグが抜けやすいテント設営時でもまったく問題がありませんでした

ただその分、ハンマーで打ち込むときと抜くときにまあまあ力が必要です。
大人の女性なら大丈夫でしょうが、小さいお子さんだとちょっとキツイかも。

2番

ホームセンターの丸型ペグ

つづいてもホームセンターから、てっぺんが丸型になったペグです。

長さ:20cm
直径:0.9cm
価格:約130円

使用感は1番のペグとほぼほぼ変わりありませんでした。

1番との唯一の違いといえば、てっぺんのロープを引っ掛ける部分の形状。
ロープ等を引っ掛けやすいのは1番なので、私がどっちか買うなら1番のペグでしょうかね。

ただ1番と2番では、ペグ1本の価格差が100円あるので、仮に10本揃えると価格差が1000円になりますから、そこは要検討

もちろんペグのてっぺんが丸型の方がいいという場合は、迷わず2番のペグ。

3番

ホームセンターのギザギザのペグ

ホームセンターのギザギザになったペグ。

長さ:20cm
直径:1cm
価格:約150円

ギザギザの形状のおかげか、1.2番のペグと比べて打ち込みやすく抜けやすかったです。

抜けやすいといっても固定力はそれなりにあるので、通常の使用には問題ないかと思います。

ペグについた土

ただし、ペグを抜いた後ギザギザに土が挟まって、その処理がちょっとめんどくさいかな

4番

細いペグ

ホームセンターの細いペグ。

長さ:20cm
直径:0.6cm
価格:約100円

細いからかかなり打ち込みやすいです。
かといって、ペグが抜けにくいかといえばそうでもありません。

細いペグ

ペグの両端が尖っているので、両端をしっかりと地面に埋め込んでやれば抜けにくくなります

地面からの出っ張り部分が少なくなるため、ペグにつまづきにくいというのもポイント。
お子さんとキャンプする方には安心かも

しかしあまりペグを深く打ち込みすぎるのはやめておいたほうがいいです。
ペグ抜きが差し込めるほどのスキマは空けておかないと、ペグ抜きが使えなくなるので、かなり抜きにくくなります。

細いペグが2本

ただ予備のペグが差し込めるなら問題はないので、ペグ一本分のスキマを空けとけば十分でしょう。

5番

100均のペグ

最後、5番のペグはお待ちかねの100均。

刺しやすいのはいいですが、短く細いのでかなり抜けやすいです。

なのであまりおすすめはしない

すごいぞ100均!キャンプで使える100均道具9選!!【随時更新】」に書いたように使えるキャンプ道具もあるのですが、ペグはだめでしたね。

デイキャンプやピクニックで、レジャーシートを抑える目的ならいいかもしれませんが、テントに使う代物ではない。

まとめ:ホームセンターのロープ止めは安いがペグの代用品になる

ホームセンターのペグ


☆ペグ比較まとめ

・打ち込みやすさ

4.5.6番>3番>1.2番

・抜けにくさ、固定力

1.2番>3.4番>5.6番

今回ホームセンターで購入した4種類のペグは、正直どれでも不自由なく使えそうです
ロープ止めという名前で販売されていますが、十分ペグの代用品になります。

100均とテント付属品よりは100倍いい。

中には、ホームセンターの安いペグでほんとうに大丈夫なのか不安になる方もいらっしゃるかと思います。

でもよほどハードな環境で使わない限りはホームセンターのペグで十分かと
テントの付属ペグでさえそれなりにキャンプできてましたしね。

また、私が今後ホームセンターペグ4種類のうちどれかで統一するなら、1番のペグですかね

・2番は丸型なので使い込むと不都合が出そう
・3番はギザギザにたまった土の処理がめんどくさい
・4番は細くてちょっと頼りなさげ

といった理由から。

1番は打ち込むときに力が必要ですが、大人なら問題ないです。

ペグハンマーに関しても、ダイソーのゴムハンマーで十分かと。

次の記事へ>>>ペグハンマーを100均のゴムハンマーで代用したらふつうに使えた件

created by Rinker
TRUSCO (トラスコ中山)
¥65(2019/01/22 20:21:19時点 Amazon調べ-詳細)

コメント