キャンプツーリング初心者のぼくが使っている装備・持ち物まとめ

この記事では、キャンプツーリング初心者の私が使用している装備・持ち物をご紹介します。

キャンプど素人の頃の私は、

・キャンプ道具ってなにがいるの?
・テント高すぎん?

などいろいろ迷ったので、これからキャンプツーリングをされる方の参考になりましたら幸いです。

記事の前半では私が使っているキャンプ道具を、後半では積載方法をご紹介しますね。

装備・持ち物16選

まずはキャンプツーリング初心者の私が使用している装備・持ち物をご紹介します。

1.テント

バンドックのソロティピー1とイス

>>>バンドックのソロティピー1は安いけど買って後悔しないテントだった

キャンプツーリングに必須なのがテント。
3万円以上するテントなんてザラにありますが、私はバンドックのソロティピー1で十分でした。

一人で使う分には広々としていますし、まったりとくつろぐことができます

>>>バンドックのソロティピー1は安いけど買って後悔しないテントだった

2.ペグハンマー

ダイソーのゴムハンマー

>>>ペグハンマーを100均のゴムハンマーで代用したらふつうに使えた件

テントが風で飛んでいかないようにペグ(杭)を打つ必要があります。
先ほどご紹介したバンドックのソロティピー1の場合は、テントにペグが付属していたのでそちらを使用。

しかしペグを地面に打ち込むための、ペグハンマーが付属していませんでした。

ということで、100均のゴムハンマーで代用中

>>>ペグハンマーを100均のゴムハンマーで代用したらふつうに使えた件

3.ブルーシート

テントの下に敷くブルーシート

テントの下にブルーシートを敷くことで、テントの破れや浸水を防いでくれます
必須というわけではありませんが、あったらほうがいいです。

工事現場などで見かけるブルーシートは味気なくて嫌だったので、濃いグリーンのシートを購入しました。

キャンプ場の芝生と馴染んで、違和感はありません。

4.寝袋

ホワイトシークの寝袋

>>>ホワイトシークの寝袋は安いけどキャンプ初心者にはおすすめだよ

私は春にキャンプをはじめたので、春の気候で使える寝袋を購入しました。
まだ試したことはなんともいえないのですが、おそらく過ごしやすい秋の気候でもバッチリ使えるかと。

夏場は家にあるブランケットなどで代用すればいいので、基本的に夏場は寝袋はいらないと思います。

>>>ホワイトシークの寝袋は安いけどキャンプ初心者にはおすすめだよ

5.銀マット

セリアの銀マット

>>>すごいぞ100均!キャンプで使える100均道具10選!!【随時更新】

夜眠るとき、地面からかなり冷えます。
そのため地面からの冷えを防ぐために、マットが必要です

私は、

・春キャンプを想定していた
・安く装備を揃えたかった

ということもあり、100均の銀マットを購入。

春でも使えないことはなかったですが、あまりおすすめはしません。
夏場なら問題ないかと思いますが。

できることならアウトドアメーカーから出ているマットを購入しましょう。

>>>すごいぞ100均!キャンプで使える100均道具10選!!【随時更新】

6.テーブル(リアキャリア兼用)

ラーツー道具・装備一式

>>>バイクのリアキャリア兼ツーリングテーブルを自作してみたよ

バイクは車と比べて荷物をたくさん積めませんから、できるだけ荷物は減らしてコンパクトにするのが鉄則。

そこで私は、リアキャリアとテーブルを兼用することにしました。
これならテーブルを別で持っていくより、荷物がコンパクトになりますからね

以前はキャリア兼テーブルを作る前は100均で自作したテーブルを使っていたのですが、ちょっと大きくて持ち運びがめんどくさくなってたので。

ただテーブルを自作するのはめんどうなので、既製品を買ったほうが楽ですし質もいいです。

>>>バイクのリアキャリア兼ツーリングテーブルを自作してみたよ

7.シングルガズバーナー&カセットボンベ

ジュニアコンパクトバーナー

>>>イワタニのジュニアコンパクトバーナーCB-JCBを買った3つの理由

料理をしたりコーヒーを飲んだりするために、ガスバーナーを使っています。

ガスバーナーには、

CB缶用(カセットボンベ)
OD缶用(アウトドア)

の2種類があります。

OD缶用のバーナーの方が荷物の軽量化になるのですが、CB缶用のバーナーでもキャンプツーリングに行けているのでお好みの方でいいかと。

私は何連泊もするロングツーリングのことを考えて、CB缶用のガスバーナーをチョイス。
CB缶はコンビニや100均でも手に入れられるので、旅先でガスが切れたときに便利そうだなあと思ったからです。

>>>イワタニのジュニアコンパクトバーナーCB-JCBを買った3つの理由

8.飯ごう

焚き火と薪ストーブ

アウトドア飯といえば飯ごう!

これひとつでお米を炊いたり汁物を作ったり、蓋で肉を焼いたりとけっこう万能です。

ただ料理をしないのであれば不要ですね。
私はキャンプツーリングの回数を重ねるに連れて、「あー、料理めんどくせえ」と思うようになったので、出番は減少傾向にあります。

9.マグカップ・皿

青芳製作所のヴィンテージマグ

>>>キャンプ食器は青芳のヴィンテージステンレスシリーズがおしゃれ!

わざわざ新しく買う必要もなかったのですが、見た目に一目惚れしてヴィンテージシリーズの食器を購入。

皿はなくてもなんとかなりますが、マグカップはあったほうがいいかと。
100均のものや家にあるもので全然OKです。

>>>キャンプ食器は青芳のヴィンテージステンレスシリーズがおしゃれ!

10.クーラーボックス

食材やお酒を冷やすのに必要なのがクーラーボックス。
私はサーモスの5Lのものを使用中。

11.ランタン

三脚に引っ掛けたランタン

>>>ソロキャンプでジェントスのランタン「SOL-036C」を使ってみた感想

夜は明かりがないと不便ですし、けっこう怖いです。
なので、ランタンは必須。

明るくしようと思ってランタンをたくさん持っていくと邪魔になるので、ソロキャンプならジェントスのランタン1個で十分です

>>>ソロキャンプでジェントスのランタン「SOL-036C」を使ってみた感想

12.焚き火台

lixadaのウッドストーブで焚き火

>>>lixadaの折りたたみウッドストーブ・薪ストーブを使ってみた

キャンプ場によっては、直火禁止の場合があります。
そのため地面と焚き火の距離をあける「焚き火台」が必要です。

せっかくキャンプで焚き火しようと思ったのにできなかった…

なんで事態にならないように、焚き火台は用意しておきましょう。

>>>lixadaの折りたたみウッドストーブ・薪ストーブを使ってみた

13.革手袋

トラスコの革手袋

>>>キャンプの焚き火や料理に!安いが使える革手袋・レザーグローブ紹介!

焚き火や料理をする上で役に立つのが革手袋。

薪をくべたり、米を炊いたあとの熱々飯ごうを素手で持つのは無理なので、耐熱性の高い革手袋があるとキャンプがはかどります。

>>> キャンプの焚き火や料理に!安いが使える革手袋・レザーグローブ紹介!

14.イス

バンドックのソロティピー1の前室

>>>キャンプツーリング用にイスを買ったら大失敗した話【道具選びは慎重に】

イスはなくてもなんとかなるのですが、やっぱりあったほうが快適です。
地面に直接座るとお尻が濡れて深いですし、まったりくつろげないので。

焚き火をぼんやりと眺めながらお酒を飲みたいのであれば、イスは必須かと。
個人的には、背もたれがあるイスほうがよりキャンプを楽しめます

また私はイス選びを失敗して苦労したので、購入前にはくれぐれもご注意下さい。

>>>キャンプツーリング用にイスを買ったら大失敗した話【道具選びは慎重に】

15.タブレット

タブレットと小説

>>>Amazonプライムのメリット5選!キャンパーやバイク乗りこそ使うべき!

私がビビリというのもありますが、ソロキャンプの夜はけっこう怖いです。
なので気を紛らわしてくれるものがあると嬉しい。

そこで私はタブレットに映画や音楽を家でダウンロードして持って行きます。
ダウンロードしておくことで、キャンプ場に電波が届いていなくても問題ありません。

Amazonプライム会員になると、無料で映画やアニメ、音楽や本が楽しみ放題になるので、ソロキャンプとは相性のいいサービスだと思います。

暇つぶしにもなりますしね。

関連記事>>>ぼくがやってるソロキャンプの暇つぶし3選〜一人の夜だって平気〜

>>>Amazonプライムのメリット5選!キャンパーやバイク乗りこそ使うべき!

16.カッパ・雨具

ワークマンのカッパ

>>>バイク用カッパ!ワークマン「バイカーズ」の実力を大雨の中検証してきた

「絶対に雨は降らない!」という日以外は、必ず雨具を持っていくようにしています。
キャンプツーリングに出発して雨でビチョビチョになったらテンション下がりますし、体が冷えてしまうので。

それに雨に怯えながらキャンプしても楽しさが半減するので、「雨が降っても大丈夫!」という安心のためにも雨具があるといいです

>>>バイク用カッパ!ワークマン「バイカーズ」の実力を大雨の中検証してきた

その他

リュック兼サイドバッグ

キャンプ道具は以上のものを中心に持っていきますね。

あとは、

・食料
・水
・タオル

などの雑多なものを必要に応じて持参。

詳しくは「初めてのソロキャンプで使った持ち物・服装をまとめたよ!」で書きました。

※追記:ソロキャンプツーリングに持っていく道具の最新版は「原付バイク乗りが語る「必要最低限のソロキャンプ道具7選」」で書きました。

アメリカンバイクへの荷物の積み方・積載方法

キャンプツーリング装備のホンダジャズ

ではここからは、私がキャンプツーリングに行くときの荷物の積み方・積載方法をご紹介します。

愛車は原付アメリカンのホンダジャズなので、ご自身のバイクによっては参考にならない部分もあるかと思いますのでご了承下さい。

シーシーバーにバッグをゴムロープで括り付ける

ロスコのダッフルバッグ

>>>バイクとシーシーバーが似合う!旅感溢れるロスコのダッフルバッグ紹介!

バイクにシーシーバーを取り付けて、軍でも使われているというロスコの大容量ダッフルバッグを括り付けています。

ロスコのダッフルバッグは大容量なので、ソロキャンプの道具一式入りますよ。
リュックのように背負うこともできるので、駐車場からキャンプ場までの荷物の運び出しが楽です。

私はダッフルバッグに7割の荷物を入れて、残りの3割の荷物は後述するサイドバッグやタンクバッグに振り分けています

また括り付けに使っているのは、3mのゴムロープです。
これ一本でちょうどガッシリと固定してくれます。

そしてリアフェンダーを傷つけないように、さきほどご紹介したリアキャリア兼テーブルの上に100均のすべり止めシートを載せ、その上にダッフルバッグを積載しています。

ただこの積載方法はシーシーバーが付いているバイクじゃないとできませんね。
ダッフルバッグ自体は工夫次第でシートバッグのように使えるかと思いますが、シーシーバーがないバイクで縦に積載するのはちょっと厳しい

>>>バイクとシーシーバーが似合う!旅感溢れるロスコのダッフルバッグ紹介!

サイドバッグ

リュック兼サイドバッグ

>>>バイクのサイドバッグを軍仕様の最強防水リュックで代用してみた

テントや寝袋のような大きな荷物はロスコのダッフルバッグに入れますが、ガスバーナーのような細々として荷物はサイドバッグに入れています。

使用しているのは、中に水を入れても漏れないという軍仕様の最強防水バッグです。
もとはリュックなのですが、形状的にサイドバッグとして使いやすいので代用しています。

>>>バイクのサイドバッグを軍仕様の最強防水リュックで代用してみた

タンクバッグ

地図を見る男

>>>バイクにコミネのタンクバッグを付けたらツーリングが超快適になった件

スマホや水筒など、すぐに取り出したい荷物はタンクバッグに収納。
荷物が取り出しやすいので、かなり重宝しています

また私はキャンプ場に行くまでスマホのナビを使うこともありますが、紙の地図でキャンプツーリングに行くこともあるので、タンクバッグは無くてはならない存在です。

紙の地図でのルート作成方法などは「地図とコンパスでバイクツーリング(冒険)する方法まとめ」で書きました。

関連記事>>>バイクにデイトナのスマホホルダーに取り付けて使ってみた感想

>>>バイクにコミネのタンクバッグを付けたらツーリングが超快適になった件

まとめ:キャンプツーリングの道具まとめ

だいたい以上のような装備・持ち物でキャンプツーリングをしています。

ただ何度かキャンプツーリングをしているうちに、いるものいらないものがわかってきたので、今後は持っていく道具は多少変わるかと。

次の記事へ>>>原付バイク乗りが語る「必要最低限のソロキャンプ道具7選」

キャンプツーリングに興味あるけどもうひと押しほしい…

という場合は、ゆるキャン△とスーパーカブを読めば、嫌でもキャンプツーリングに行きたくなるかと思います(笑)

ゆるキャン△はAmazonプライムでアニメも観れますからね。

 

 

コメント

  1. シヴァおじぃ より:

    どうも! 自分もJAZZの積載は1番の課題だと思いますね~。

    いいですねぇ ソロキャン! やってみたいです
    ただやはりJAZZの積載を考えるとどうしてもナンバーが邪魔ですね・・・
    今いろいろ移せる場所を考えてるところですが難しい・・・。

    シニヲさんはすでにカスタムされていたようなので少しうらやましいですw