【バイクツーリング】方位磁石の使い方と3つのメリット

私は方位磁石を使って、バイクツーリングをしています。
紙の地図すら使わないで方位磁石だけで出かけるときもありますね。

しかしもちろんナビのほうが楽です。
両方使ってみて、やっぱりナビは便利だなあと思います。

ただ、方位磁石を使ってツーリングをすると楽しいんです。
ツーリングというより、冒険や旅に近いといいますか…。

行き止まりや林道に突っ込んだこともありますが、そのワクワクハラハラするような感覚がたまらないのです。

といこうとでこの記事では、ツーリングで方位磁石を使う3つのメリットと、実際の使い方をご紹介します。

使い方がめんどくさそうと思われるかもしれませんが、意外とかんたんなのでご安心を

3つのメリット

スマートフォンひとつでなんでもできる時代になりましたが、だからといってアナログのメリットが消えたわけではありません。

1.正しい方向に進んでいるか確認できるから安心して走れる

ナビを使っていると関係ない話なのですが、ツーリングマップル等の紙の地図を利用しているときにはかなり使えます。

紙の地図を利用していると自分が正しいルートを進んでいるのか不安になるときがありまして、そんなときに方位磁石があれば安心。

たとえば、

・大阪⇒富士山

へ向かうとすると、進むべき方角は東ですよね。

なので、方位磁石を見て自分の進行方向が東へ向いていたら、とりあえずは正しい方向に進んでいることが確認できます。

・逆走していないか
・変な方向に向かっていないか

という心配から開放されるわけです。

ツーリングルート

実際に紙の地図でツーリングをしていると、方位磁石の存在はかなり大きいと感じています。
特に私はなかなかの方向音痴なので、方位磁石があるだけでかなり気持ちが楽。

スマホアプリのコンパスでもいいのですが、

・バッグからスマホを取り出すのがめんどう
・操作するのにグローブを外さなきゃいけない

という理由で使っていません。

信号待ちなどのちょっとした時間でも、スマホの場合は確認するのがちょっと難しいのです。

その点アナログの方位磁石であれば、信号待ちのちょっとした時間でもパッと方角を確認できます。
私は登山用の方位磁石を首から下げて使っていますが、バイク用の方位磁石ならハンドル周りに設置できるため、走行しながらの確認も可能ですよ。

2.地図と合わせれば電波が届かなくてもなんとかなる

ホンダジャズ50

2つ目のメリット、

・電波の届かないところでも使える

というのは、いざというときの緊急用ですね。

なので、電波が届かないようなところに行かない方にはあまりメリットにならないかも。

またスマホの充電が切れた場合でもコンビニやファミレスで充電できるところはありますし、ふだんからスマホのナビを使っている方はバイクから電源を取っているでしょうから、そもそも充電切れになりませんよね。

ただし、長期間のツーリングや人っ子一人いないような場所に行くのなら、いざというときのために持っていてもいいかと思います。
荷物になるようなものでもないので。

緊急用としてなら紙の地図があるとなお便利ですね。
現在地の把握と進むべき方角の決定をしなきゃいけないので。

3.冒険者・旅人になれる

キャンプツーリング装備のホンダジャズ

私が紙の地図や方位磁石を使いだした最大の理由はコレ。

冒険感、旅感があってかっこいいから

方位磁石でツーリングに行くだけで、一気に冒険者になったような気持ちになれます。

原付とダート道

私は以前、紙の地図もほぼ使わずに方位磁石だけに頼ってツーリングに行ったことがあります。
行き止まりにぶち当たったこともありますし、なんなら林道に突っ込んでしまったことも…オフ車じゃないのに(笑)

散々なツーリングでしたが、なんだかんだものすごく楽しかったんですよね。

迷子になってもうダメだと思って、それでも踏ん張ると活路が見えてきて…やっとこさ目的地に辿り着いたときの達成感は忘れられません

ふつうのツーリングが冒険に変わるんです。

そのツーリングの様子は「バイクツーリングの走行ルートを方位磁針に従って行った結果…」で書きました。

バイクに取り付けず首からぶら下げる

私はバイク用の方位磁石ではなく、登山などで使うマップ用コンパスを使っています。

ベースプレートコンパスとも呼ぶらしいです。

参考:コンパスの解説

方位磁石は鉄が近くにあると狂って使い物になりません。
バイク用のものはハンドル付近に付けることが多いため、ちゃんと使えるかどうか心配でした

ツーリングマップルとタンクバッグ

タンクバッグも強力な磁力を発していますから、ハンドル周りに方位磁石を取り付けて使うのはきびしいかなあと判断し、マップ用コンパスを購入して首からぶら下げて使っています。

方位磁石を首からぶら下げれば磁気の影響を受けくいですし、目的地までの進行方向もちゃんと出せるので、ナビゲーションとしても使いやすいです

バイク用の方位磁石は方角を示してくれるだけで、進行方向を示してくれるわけではありませんからね。

私が実際に使用している方位磁石はSUUNTO(スント)のもの。
かなり歴史あるメーカーのようで、1936年から方位磁石を作っている老舗。

フィンランド軍の将校が胸ポケットに入れていたコンパスのおかげで一命をとりとめた、なんて話もあるようですよ。

参考:スントの歴史

created by Rinker
スント(SUUNTO)
¥1,781(2019/09/18 11:56:27時点 Amazon調べ-詳細)

バイク用の方位磁石は走行しながら方角を確認できるのがメリットですが、私はいまのところ信号待ちのときに確認するだけで十分でした。

行きたい方角の先にある建造物などを目印として進めば、しょっちゅう方角を確認しなくてもなんとかなるからです。
遠くの山とかビルとか。

使い方3ステップ

ではここからは、バイクツーリングでの方位磁石の使い方をご紹介します。

「方位磁石とか使うの難しそう」

と思われるでしょうが、実際に使ってみるとたった3ステップでかんたんです。
これで方位磁石のみを使って、ツーリングをすることができます。

私も使いこなせるか心配だったのですが、なんら問題ありませんでした。
ご安心ください。

◯必要なもの

・方位磁石
・地図(スマホ可)

また登山などで使われるような、ベースプレートコンパスを前提に解説しますので、ご了承ください。

1.出発地点から目的地までを結ぶ

地図

わかりやすいようにざっくりとした地図を使って説明します。

地図上で出発地点と目的地を探してください。
スマホの場合は、グーグルマップで出発点と目的地を設定して経路を出すと楽です。

今回は、赤丸(52番)から青丸(33番)に向かいたいとしましょう。

地図とコンパス

そして出発点と目的地を結ぶように、方位磁石の淵を地図にかさねて置きます
プレートの先についている赤い△が目的地に向くようにしてください。

地図上の出発点と目的地の距離感によっては方位磁石の長さが足りないことがありますので、

・出発点と目的地の間に中継地点を設定する
・日本全体が写っているような地図を使う

とよいかと思います。

スマホでグーグルマップを使えば、大阪⇒富士山の間も方位磁石で結べますよ。

ただし私は試したことがないので、どれぐらいの精度で行けるかわかりませんが。

2.リングを回転させ北を合わせる

コンパスのリング

方位磁石にはクルクルと回転するリングがついています。
黒いメモリとその内側部分すべて回ります。SUNTOの文字、赤いメモリの部分まで全部。

コンパスのリング

黒のメモリには方角が書かれていますので、リングの北(N)と地図の北を合わせてください

ここまで来たら、あとは地図はいりません。
また、もうリングを触ることはありません。

3.リングの矢印と北の指す赤針が重なる方角に進む

あとは、リングの北(矢印っぽいのが付いてる)と北を指す赤針がかさなる方角に進みます。

リングを回して重ねるのではなく、体を回して方位磁石そのものの向きを変えましょう。

進行方向は、プレートの先に付いている△の方向です。

コンパスの赤針

↑これがNG例(リングの矢印と赤針が合っていない)

スントのコンパス

↑OK例(リングの矢印と赤針がかさなっている)

方位磁石を見るときは、

・なるべくコンパスを水平にする
バイクの鉄の影響を受けない高さまで腕を上げて見る

という点にご注意を。

基本的な使い方はこんな感じです。

もっと綿密にやるのなら、磁北線を引いてやったほうがいいですね。

磁北とは、方位磁石が指す北のことです。
実は本当の北(真北)と方位磁石が指す北(磁北)は違います。

参考

磁北線を引く
コンパスの解説

私はめんどくさいのでやったことはありませんが、長距離ツーリングをするのならやっておいても損はしないかと。
移動距離が長くなるほど、少しのズレが大きなズレになるので。

磁北線を引く場合は、リングの北を磁北線に合わせてください。
”2”でやりましたね。

まとめ:ツーリングには方位磁石があると便利

☆方位磁石・コンパスを使うメリット

1.正しい方向に進んでいるか確認できる
2.スマホやナビが使えない状況に役立つ
3.冒険者・旅人になれる

☆個人的にはバイク用より登山用コンパスのほうがおすすめ

☆使い方

1.コンパスで出発点と目的地を結ぶ
2.リングの北と地図の北を合わせる
3.リングの矢印とコンパスの赤針がかさなる方向に進む

移動手段としてバイクに乗るときはナビを、ツーリングのような楽しみを目的としてバイクに乗るときは地図や方位磁石を使うようにしています。

ナビはナビで便利ですが、冒険がしたいので。

次の記事へ>>>バイクツーリングルート作成方法と実際の走り方【地図初心者向け】

created by Rinker
スント(SUUNTO)
¥1,781(2019/09/18 11:56:27時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました