ホンダジャズ(jazz)のプラグ交換方法3ステップ

この記事ではホンダジャズのプラグ交換の方法をご紹介します。

jazzなんて30年前のバイクなんで、以前の持ち主がどの程度メンテナンスをしてたかよくわかりません。
ということで、ぼくはジャズに乗り始めてまだ1000km程度ですが、プラグ交換をしました。

ホンダジャズ(jazz)のプラグ交換方法3ステップ

プラグとプラグレンチ

必要なものは新しいプラグと、プラグレンチの2つだけ。

使用したプラグはCR6HSAです。

 

プラグ交換に必要なプラグレンチは、16mmのプラグレンチを購入しました。

 

これでジャズのプラグ交換に必要なものは全部です。
人生で初めてのプラグ交換でしたが、交換方法もかんたんで5分程度で終わりましたよ。

1.プラグコードを外す

ホンダジャズのプラグコード

ジャズのプラグは、エンジンの右側にあります。

ホンダジャズのプラグ

エンジンから赤いコードを手で引っこ抜きます。
そしたらプラグが見えるはず。

2.プラグを取り外す

ホンダジャズとプラグレンチ

ではつづいて、プラグレンチを反時計回りに回して、プラグを取り外しましょう。

最初の回し始めは若干固かったですが、特別力はいりませんでした。

ホンダジャズのプラグ2本

左がもともとついてたプラグで、右が今回取り付ける新しいプラグです。

3.プラグを取り付ける

プラグを手で取り付けている

いよいよプラグを取り付けですが、いきなりプラグレンチで取り付けるのではなく、最初は手でクリクリ回してやるといいみたいです。

ホンダジャズとプラグレンチ

で、手で回せなくなったら、仕上げにプラグレンチで時計回りに締めてあげると。

ホンダジャズのプラグコード

最後に、引っこ抜いたプラグコードをはめて作業完了です。

ホンダジャズの走行距離

プラグは定期的に交換したほうがいいみたいなので、次のプラグ交換時期を判断するためにもメーターの走行距離をメモしておくといいかも。

次の記事へ>>>ラーツー(ラーメンツーリング)に必要な7つ道具・装備

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました