lixadaの折りたたみウッドストーブ・薪ストーブを使ってみた

この記事では、Lixadaの焚き火台・ウッドストーブのご紹介をします。

キャンプと言えば焚き火!
しかしキャンプ場によっては直火禁止のところもあるので、地面と焚き火の距離を開ける「焚き火台」なるものが必要でした。

ただ、キャンプ初心者の私にはどんな焚き火台がいいのかもわかりませんで、とりあえず安かったlixadaのウッドストーブを購入。

商品名はウッドストーブ・薪ストーブですが、焚き火台や飯盒炊さんの調理にも使えてたいへん使い勝手がよろしいです。

私がキャンプデビューのために揃えた道具一式や初期費用については『初心者が「一人キャンプ」を始めるためにしたこと総まとめ』にてまとめてます。

ソロキャンプで使ってみた

実際に焚き火をして、飯盒炊さんをしている様子が以下の動画。

シニヲさん(@shiniwo3)がシェアした投稿

なかなかかっこよくないですか?
その辺で拾った小枝や松ぼっくりを燃料にしているのですが、けっこう燃えてます。

キャプテンスタッグの飯ごうを五徳を付けずに乗せていますが、安定感があり無事に調理を終えることができました
最大負荷が10kgなので、ひとり分の食事なら余裕ですね。

ただ、小枝なだけあって燃え尽きるのが早く、目を離したスキに火が消えそうになっていることがありました。
料理をするだけなら小枝だけで十分でしたが、長時間焚き火をしたい方はしっかりとした薪を用意したほうがよさそう

焚き火の詳しい様子は『【体験談】初めてのソロキャンプで行った手順と反省点を振り返ろう』をご覧ください。

新品のウッドストーブ
使用前がこちら、ピカピカですね。

使用後のウッドストーブ
使用後のウッドストーブがこちら。
焼き色が付いて、男前な表情になりました。かっこいい。

使用後に再度組み立ててみましたが、ガタツキや組み立てにくくなるということはありませんでしたので、作りはしっかりとしていそうです。

アルコールストーブの風防・五徳としても使えそう

サイズ的に、アルコールストーブの風防・五徳としても使えそうです。

私はアルコールストーブを所持していないので、アルコールストーブを購入次第、試してみます。
そのときはこちらの記事に追記させていただきますね。

折りたたみ薪ストーブを組み立ててみた

仕様:

最大負荷:10キロ

アイテムのサイズ:16 * 9.8/12.5cm (高さ*上/下幅)

重量:369g / 13.02oz

※引用:Amazon

ペットボトルと折りたたみ薪ストーブ
2Lのペットボトルと比べると、収納時はこのような大きさとなっております。

ペットボトルと折りたたみ薪ストーブ
かなり薄くて、コンパクトです。
ほとんど荷物になりませんでした。

原付でキャンプに行く身としては、コンパクトに収納できるのはありがたいです。
積載能力がありませんからね。

コンパクトといえば、ダイソーのステンレス食器の使い勝手が良くて、最近のお気に入り。
詳しくは「ダイソーのシェラカップ風の食器が安いくせにかなり優秀だった件」で書きました。

lixadaのウッドストーブのパーツ
パーツは全部で7つ。
黒い収納袋がついているのは地味にうれしいです、焚き火後は灰で汚れますからね。

※焚き火使用前と使用後の画像が入り混じっていて、ところどころウッドストーブの色が違いますがご了承ください、すみません。

ウッドストーブを組み立て中
まずはロゴが入っていない3枚のパーツ(壁部分)を組み合わせます。 パーツには引っかかりが付いてますので、パズルのように組み合わせていきましょう。

その後、先ほど3枚のパーツを組み合わせてできたものに、穴が開いているパーツ(底部分)をはめ込んでいきます。

ウッドストーブを組み立て中
最後にロゴの入ったパーツ(正面部分)を組み合わせ、五徳をはめれば完成。

組み合わせる手順によってはかなり組み立てづらくなるので、ご紹介した手順通りに組み立てていただくとかんたんです。

個体差があるかもしれませんが、私の購入したウッドストーブはバミリがありませんでした。
きちんと処理されている、といった印象。

まとめ:焚き火がしたかったらとりあえずlixadaのウッドストーブでいい

焚き火と薪ストーブ

私にとって初めてのウッドストーブ・焚き火台なので、他の商品と比較はできません。

しかし、キャンプ初心者の私でさえ問題なく快適に使用できたので、「どんな焚き火台を買えばいいかわからない」というキャンプ初心者はとりあえずlixadaの焚き火台でいいと思います。

やっぱり焚き火で調理したキャンプ飯はうまいですね。
ただ飯ごうについたススの処理が面倒だったので、今後は網を買ってバーベキュースタイルで料理するかなあ。

そしてメインの料理には「イワタニのジュニアコンパクトバーナーをソロキャンプで使ってみたよ」でご紹介したガスバーナーを使うと思います。

以下の記事で、キャンプを始めるにあたって揃えた道具や費用、キャンプの流れについてまとめています。

次の記事へ>>>初心者が「一人キャンプ」を始めるためにしたこと総まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました