小説が苦手で読めない人に送る「観る読書術」とは!?

この記事では、小説が苦手で読めない方に向けて「観る読書術」をご紹介します。

私も数年前までは、

・いま何の話をしているかわからない
・登場人物の名前が覚えられない
・つまらない、退屈、眠い

といった状態でしたが、いまでは楽しんで小説を読むことができています。

なのできっと「観る読書術」は小説挫折者の力になってくれるはずです。

ちなみにこの読書術はビジネス書のようお硬めの本には向きません。
あくまで小説向きです。

ビジネス書の読み方については「本が読めない・大嫌いを克服する「予告編読書術」とは!? 」で書きました。

私は小説を読み始めてからビジネス書を読むようになりましたが、小説とビジネス書では読み進めるのにまったく別の技術が必要だと感じています。

また読書を続けられるかどうかは本選びの時点で決まっていることがあるので、この記事の前に「読書ができない?挫折経験者の『本の選び方』3つのポイントとは!?」をご覧いただければと思います。

小説が苦手な人は物語をイメージできていない

困ったキャラクター

私も数年前まで小説が苦手でした。

何冊か読んでいくうちに徐々に楽しめるようになっていったのですが、読みはじめた当初は何回も何回も挫折して、そのたびに1p目から読み直していましたね。

小説が苦手であまり楽しめなかった理由はコレ。

・人物の心境や風景をイメージできなかったから

そのせいで物語を全然追えなくて、なにも楽しくありませんでした。

しかしイメージができるようになってくると、それと同時に小説を楽しめるようになっていったことを覚えています

ただ物語をイメージできるようになるまで小説を読み続けるというのはむずかしい。
つまらないし退屈だし眠いしで、ただの苦行です。

私は「読書してたらモテそう」という浅はかかつ強力な動機を持っていたためなんとかなりましたが、ふつうはそんなバカみたいな動機で読書をはじめる人はいませんからね(笑)

そのため、小説を読みはじめてすぐにイメージできるようになることが大切

読めないならまずは観る!

映画と小説

小説を楽しむためには、物語をイメージする力が必要。
私は読んだ冊数が増えるごとにイメージできるようになってきましたが、ふつうはイメージできるようになるまでに挫折します。

でも大丈夫、すぐに小説の世界観をイメージできるようになる方法、あります。

その方法とは、小説を原作とした映画やアニメを観ること

小説を読む前に映画やアニメを観れば、その作品の明確なイメージを持つことができます。

・登場人物の見た目や声、どういう表情でどんな気持ちなのか…
・舞台となる場所はどんな町並みなのか、どんな家に住んでいるのか…

先に映像で観てイメージを頭に叩き込んでから小説を読むと、びっくりするぐらい読みやすいです。

しかもストーリーも把握できるため、「いまなんの話ししてるんだ?」という混乱状態になりにくいのもメリット

自分のレベルに合った本」でご紹介したように、人間は「既知と未知が半々のときに学習効果が最大になる」ため、小説が苦手な方にとってはストーリーを事前に把握できるのは悪いことではありません。

ストーリーは知っていても活字は知らない世界なので、既知と未知が半々ぐらいでちょうどいい感じです。

私は最初からこの方法で小説を読んでいればよかったと本気で後悔しました。
それほど読みやすかったし、すごい楽しい読書になります。

ただしこの方法にも欠点が…。
それは、映像を観た時点でネタバレになること。

それがメリットでもあるのですが、映画で観たストーリーを小説でもう一度読むのは気が引ける方もいらっしゃるでしょう。

ご安心を。
その対策もバッチリでございます。

ネタバレが嫌なら続編が公開されていない映画やアニメを観る

続編の文字

映画は1本で物語が完結する場合もあれば、ハリーポッターのようにシリーズ化されている映画もありますよね。

この素晴らしい世界に祝福を!」という作品もアニメでは一段落しておりますが、アニメの最終回以降のストーリーは原作ではまだ終わっていません。

つまりネタバレが嫌なら、

・映像化された続きから原作を読めばいい

ということです。

そうすれば、作品の世界観は掴みつつ、ネタバレを防ぐことができます

しかも、映画やアニメの続編というのは気になるもの。
その好奇心が小説を読み進めていく原動力にもなりますから、途中で挫折しにくいかと思います。

Amazonプライム会員になると、「この素晴らしい世界に祝福を!」のアニメが無料で観れるのでおすすめ。
個人的にかなり好きな作品です、ジャンルとしてはファンタジーコメディでしょうかね。

映画なら、日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞している「海街diary」も観れますよ。
小説化もされていますし。

あるいは「君の名は。」の小説が無料で読めるので、もう映画を観たという方はそっちもあり。

(2018年6月現在)

Amazonプライム会員になれば映画やアニメがたくさん無料で観れるので、万が一小説を諦めてしまっても損はしませんよ。

まあTSUTAYAでレンタルすればいいだけなので会員になる必要はないのですが、プライムで週に1本映画を観れば年会費(3900円)の元は取れます。

1ヶ月のお試し期間があるので、その間に映画やアニメを観てとっとと辞めてもいいですし。

私は入ることをおすすめしますが、ご自由にどうぞ。

関連記事>>>Amazonプライムのメリット5選!キャンパーやバイク乗りこそ使いたい!

まとめ:先に映像を観るとかなり読みやすくなる

☆観る読書術

・小説の前に映像作品を観てイメージを掴む
・ネタバレが嫌なら映像の続きから小説を読む

そもそも読書しなくちゃいけないなんて決まりはないので、読みたくないなら読まなくてもいいかと。

ただ、私は何度も挫折してきましたが、本を楽しめるようになってよかったと心から思います。

景色のいいところでアウトドアコーヒーを楽しみつつ読む小説はたまりません
私はその時間がすごく好きです。

挫折しない本を選び、予告編読書術を理解したら、つづいては読書を挫折せずに続ける方法を習得しましょう。

次の記事へ>>>読書が続かない…を解決!94の研究で証明された習慣化の方法とは

本を買うのがもったいないと感じるのならAmazonプライムに入ることもおすすめ。
ラインナップはそれなりですが、小説もビジネス書も読み放題なので。

>>>読み放題本を探す

読書術
スポンサーリンク
シニヲをフォローする
シニヲでGO!〜キャンプ&ツーリングブログだぞ〜

コメント