電子書籍派のぼくが唯一紙の本と使い分ける状況とは!?

この記事では、私の電子書籍と紙の本の使い分けをご紹介します。

・紙の本のほうが好き、でも電子書籍のほうが便利!

と思っている私にとっては、紙と電子を使い分けるのがいちばん幸せな選択でした。

紙と電子どっちのうまみを知ってる人にとっては、どちらか片方なんか選べないですよね。

私にとって現状では、

・基本は電子書籍
・本屋で出会ったおもしろい本は紙

の使い分けがベスト。

私は、紙の本の匂いや手触りを捨てたくはなかったし、かといって電子書籍の利便性も捨てたくなかった。

先に「紙の本派だったぼくが電子書籍Kindleのメリット・デメリットを話そう」をご覧いただけると、この記事の内容がわかりやすいかと思います。

基本は電子書籍kindleで読書

やっぱkindleの文字

以前「紙の本派だったぼくが電子書籍Kindleのメリット・デメリットを話そう」でもお話したように、紙の本から電子書籍を中心に読書するようになりました。

ビジネス書のようなお硬い本だけではなく、小説や漫画もほぼ電子書籍です。

AmazonのFire7タブレットか、スマホで読んでいます。
kindle端末でもよかったのですが、プライムビデオを楽しむために、Fire7タブレットを購入しました。

関連記事>>>Amazonプライムのメリット5選!キャンパーやバイク乗りこそ使いたい!

紙の本のほうが好きなのですが、電子書籍の利便性には敵いませんでしたね。

本の内容を細部まで覚えなくてよくなったことと、オーディオブック化できるのはかなりのメリット。

しかしそんな私でも、唯一紙の本を購入するときがあります

>>>紙の本派だったぼくが電子書籍Kindleのメリット・デメリットを話そう

本屋でおもしろい本と出会ったときは紙の本

紙の本と電子書籍

その唯一の状況とは、本屋でおもしろい本に出会ったとき

私は電子書籍派ですが、本屋さんには行きます。

なぜかというと、本屋さんはネット通販と違って、思わぬ出会いに遭遇することがあるからです。

Amazonは「お目当ての本が決まっているとき」は探しやすくていいのですが、「なんとなくおもしろそうな本を探すとき」には不向きです。

本棚をぼんやりと流し見することができないから。

ネット通販は一覧性に欠けているように思います。

しかし本屋さんの場合は本棚をザーッと見渡すことができるため、「あっ、この本おもしろそう!」という出会いが起きやすい(シニヲ調べ)

ネット通販は過去の購入履歴などからおすすめ本を教えてくれますが、それはあくまでも想定内の本たちなんですよね。
自分の趣味嗜好から導き出されたおすすめ本ですから、あまり驚きとか意外性がない。

本棚に並べられた本

でも本屋さんの場合は、「自分なら絶対に探さないだろうな」という本が目に飛び込んできますから、それがおもしろいです。
自分の想定外の本と出会えます。

そして、おもしろそうな本をザーッと立ち読みして、実際におもしろいと感じたらその場で買ってしまいます。

関連記事>>>読書が苦手で大嫌いだった私が年間100冊読めるようになった3つの方法

わざわざ電子書籍を検索するということはしません。

いい本を見つけたと思ったら、その場で買って帰りの電車で読み終えている、ぐらいの勢いで読みたいので。

いちいち電子書籍を調べて買うと、ちょっと「早く読みたい!」という熱が冷めちゃうんですよね

電子書籍より紙の本のほうが好きなので、当たり前の反応かもしれませんが。

とまあ、本屋でおもしろい本を見つけたときは、「早く読みたい!」という気持ちを保つために、紙の本であってもその場で購入してしまいます

関連記事>>>読書が苦手で大嫌いだった私が年間100冊読めるようになった3つの方法

まとめ:使い分けることで読書がより幸せな時間に

☆使い分け

・基本は電子書籍
・本屋でおもしろい本を見つけたら紙の本

「紙の本は好き、でも電子書籍のほうが便利」

と考えているのであれば、使い分けるとかなり幸せな読書ライフを送れます。

どっちか片方に絞る必要なんてありません、好きなように使い分ければいいのです。

☆次の記事へ

>>>紙の本派だったぼくが電子書籍Kindleのメリット・デメリットを話そう

>>>読書が苦手で大嫌いだった私が年間100冊読めるようになった3つの方法

読書術
スポンサーリンク
シニヲをフォローする
シニヲでGO!〜キャンプ&ツーリングブログだぞ〜

コメント