ラーツー(ラーメンツーリング)に必要な7つ道具・装備

この記事では、私が使っているラーメンツーリングの道具・装備を7つご紹介します。

ラーツーはやってみたいけど、けっこうお金かかるんじゃないの?

と思われている方もいらっしゃるでしょうが、実際はそんなにかかりません。

私は100均道具も利用しているので、トータル5000円もかかっていませんよ。

相棒と外で食うラーメンは超絶うまいです。

ラーメンツーリングに必要な道具・装備7選

ラーツー道具・装備一式

ラーメンツーリングには必要なものが7つありますので、ひとつずつご紹介しますね。

100均の商品を利用することでかなり安く道具が揃うので、気軽にチャレンジしやすいかと思います。

1.ラーメン

カップヌードル

まずはあたりまえですが、ラーメンが必要。
個人的には袋ラーメンは使わず、カップ麺ばかり食べます。

というのも、袋ラーメンだと食器を洗わないといけないので、それがめんどう
それに場所にもよりますが、基本的にラーメンを食べた後のベタベタの食器を屋外で洗うのはよろしくないかと。

また持って帰って洗うのもかなりめんどくさいです。

そのため私は袋ラーメンではなくカップ麺が中心。
食べたら捨てるだけでいいので、これがとても楽ちんです。

お湯を沸かすだけなので、洗い物も出ませんしね。

created by Rinker
カップヌードル
¥3,200(2019/09/18 20:20:13時点 Amazon調べ-詳細)

2.水

ダイソーのスリムボトル

ラーメンツーリングには水も欠かせません。

自動販売機やコンビニで現地調達してもいいのですが、私は家で水を入れた水筒持って行きます。

おすすめの水筒は、ダイソーに売っているスリムボトルという商品。

名前の通りスリムな形なので、容量の少ないタンクバッグやサイドバッグにも入ります

しかも350ml入るので、ちょうどカップヌードル一杯分ぐらいの量でちょうどよく、見た目もウイスキー等を入れるスキットルみたいでかっこいいです。

ラーツーに限らず、ふだんから全然使えます。
いまのところ、水漏れ等の問題は発生しておりません。

3.ガスバーナー

ジュニアコンパクトバーナー

私はカセットボンベを燃料としたガスバーナーを使用しています。

火器類はアルコールバーナーでも固形燃料でもなんでもいいのですが、やっぱり使い勝手が良いのはガスバーナーです。
詳しくは「バイクで行くコーヒーツーリング!ぼくが使ってる7つ道具をご紹介!」で書きました。

アルコールバーナーでもいいかと思いますけどね、コンパクトだしかっこいいので。

まあお好みでよろしいかと。

関連記事>>>イワタニシングルバーナー(CB-JCB)をソロキャンプで使った感想

4.やかん

ダイソーのステンレス食器

やかんは100均の商品を使用しています。

詳しくは「ダイソーのシェラカップ風の食器が安いくせにかなり優秀だった件」で書きましたので詳細は割愛しますが、かなり使い勝手がよくて気に入っています。

ラーツー程度の使用なら、数千円もするやかんや鍋を買う必要はありません

やかんで湯沸かし

これぐらいまで水を入れると、だいたいカップヌードル一杯分のお湯が沸かせます。

お湯を沸かした直後は取っ手が熱くなってるので、数分冷ましてから持ってくださいね。
それか「キャンプで安い革手袋使ってみたら焚き火や料理が快適になった件」でご紹介したような手袋を使うと安全です。

5.6.テーブル&イス

テーブルとクッション

テーブルとイスはあってもなくてもどっちでもいいのですが、あったほうがくつろげます。

私は「バイクのリアキャリア兼ツーリングテーブルを自作してみたよ」で自作したテーブルと、アウトドア用のクッションを持っていきますね。

でもまあ、定番のテーブルを買っちゃった方が早いですね、安いし。

また、特に夏場はテーブルとイスはあったほうがいいです。

アスファルトの上はかなり熱くなるので、ガスバーナーを使うのは危ないですし、お尻も焼けちゃいますから

テーブルとイスがあれば、どこでもガスバーナーを使えますし、お尻も熱くならず汚れません

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥404(2019/09/18 20:20:13時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥1,310(2019/09/18 20:20:13時点 Amazon調べ-詳細)

7.ゴミ袋

ゴミ袋

ある意味、忘れたらもっとも困るのがゴミ袋です。

カップ麺を食べた後のゴミはベトベトしてますから、ゴミ袋を忘れるとバッグの中が悲惨なことに

必ず忘れないようにしましょう。

まとめ:バイクにはラーツーという楽しみ方がある

☆ラーツーに必要な道具・装備

1.ラーメン
2.水
3.ガスバーナー
4.やかん
5.テーブル
6.イス
7.ゴミ袋
8.お箸

自然に囲まれて飲み食いするものは3割増しでおいしくなります。

道具も費用もそんなにかからないので、気軽にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

景色のいいところに座って、相棒を眺めながらのんびりと食べるカップ麺は最高です

次の記事へ>>>バイクで行くコーヒーツーリング!ぼくが使ってる7つ道具をご紹介!

コメント

タイトルとURLをコピーしました