50cc原付は楽しいんだぜ!原付乗りになってわかった3つの魅力

この記事では、原付乗りのぼくが原付の3つの魅力をお伝えします。

私は30年前の原付バイク「ホンダジャズ50」に乗っています。
アメリカンバイクの形をしていますが、実は制限速度30kmの原付なんです。

ホンダジャズとダッフルバッグ

原付には一種と二種がありますがホンダジャズは一種で、排気量が50ccの原付になります。
一種の原付は車の免許があれば乗れますし、また免許取得が手軽なことで有名ですね。

関連記事>>>原付乗りのぼくが原付免許の取り方と学科試験の勉強方法を解説する

原付に乗るようになったキッカケは、「もう乗っていないから」と言って父親が譲ってくれたから。

ちょうどそのころ私はキャンプがしたいと思っていたので、原付に興味はなかったですが移動手段としてもらっておくことに

しかし、いつしか「あれ?なんか俺、楽しんでない?」と、原付にハマっている自分に気づきました。

バイクと茶畑

いまでは移動手段としてだけでなく、楽しむ目的であちこちにツーリングに行っています。
もらった原付がアメリカンだろうがスクーターだろうが、何に乗ってもハマっていたんじゃないかと

もともとバイクに興味があったわけではなく、乗り始めてからその魅力に取り憑かれてしまったのですね。

ふつうは、

・バイクに乗りたい⇒乗る⇒やっぱり楽しい

ですが私の場合、

・バイクに乗った⇒なんかちょっと楽しいぞ⇒ハマった

と順序がおかしいです(笑)

そんなこんなで原付/バイクの魅力に気づきましたので、原付に乗ろうか悩んでいる方の参考になればと思い、原付の3つの魅力をご紹介します。

ただし私は「原付がいちばんだぜ!」と押し付けたいわけではありません。
「こんな楽しみ方もあるんだよ〜」と知ってほしいだけですのであしからず

1.旅っぽいツーリングができる

トンネルとバイク

>>>地図とコンパスでバイクツーリング(冒険)する方法まとめ

50ccの原付は制限速度が30kmです。
そのため速いスピードを出せません。

それは明らかにデメリットなので、速さを求めたい方には不向きと言わざるを得ません。
車にドンドン追い抜かれますし、下り坂では自転車のロードバイクの方が速いということもあります。

速さを求めているのであれば、最初から中型や大型バイクを購入されたほうがいいかと
たぶん原付を買ったら後悔すると思います。

でも私はあまり速さを求めようと思ったことはありません。
もちろんこれから速さを求めて峠を攻めるようなサーキット志向になる可能性もありますし、交通の流れについていけるぐらいスピード出せたらなあ…と思うこともあります。

林道とバイク

ただ現段階では50ccの原付でも楽しいし、ゆったり走ると小粋な感じがして好きです。

といいますのも私は速さを追求するレーサーというよりは、バイクのケツに大きな荷物を括り付けて宛もなくドコドコ走るような、そんな泥臭いバイクライフに惹かれているから

ツーリングマップルとタンクバッグ

そのため私はスマホのナビはあまり使わず、紙の地図とコンパスでツーリングに行くことが多いです。
旅人になったようで、すごくロマンが詰まっていて気に入っています
不便ですけどね(笑)

関連記事>>>バイクツーリングルート作成方法と実際の走り方【地図初心者向け】

原付でツーリングに行っていい景色の所があれば、そこでアウトドアコーヒーを楽しんだり、ラーメンを食べたりしています。

2.ひとりになれる

ホンダジャズ50に乗る男

>>>一人・ソロツーリングの楽しみ方!なんかいい、ただそれだけ。

これは私だけの楽しみかもしれませんが、ひとりになれるのがすごく嬉しい。
大人数でワイワイするのが好きじゃないんです、というか人付き合いが苦手

たとえば車で家族や友だちと出かけるときは、1台の車にみんなで乗りますよね。
でも50cc原付なら二人乗りはできませんから、走っている最中は否が応でもひとりになれます。

ワイワイするのも楽しい瞬間はありますけど、それはたまにでいい。
私はひとりでぼんやりと自然を眺めながらコーヒーを飲んでいる方が好き

あっ、そういえば私、友だちいないんだった\(^o^)/

関連記事>>>一人・ソロツーリングの楽しみ方!なんかいい、ただそれだけ。

3.その気になればキャンプもできる

ロスコのダッフルバッグ

>>>キャンプツーリング初心者が使っている装備品をまとめてご紹介!

私は原付でキャンプツーリングにも行きます。
冒頭でもお話しましたが、もともとキャンプに行きたくて原付に乗り始めていますからね。

キャンプ道具を積むと、こんな感じで「いかにも旅してます」といった見た目になります(笑)

ぼくが使っているキャンプ道具は「原付バイク乗りが語る「必要最低限のソロキャンプ道具7選」」で書きました。

愛車はアメリカンバイクを小さくしたような原付なのでちょっと特殊なのですが、スクータータイプの原付でもキャンプには行けますよ。

シート下や足元のスペース、カゴやリアキャリアを駆使すれば問題ありません。

関連記事>>>原付でキャンプツーリングに行くときの5つのコツ【経験者は語る】

キャンプ漫画のゆるキャン△でも、原付で150km先までキャンプしに行く女の子がいますからね。

 

ちなみにアマゾンプライム会員になればアニメ版ゆるキャン△がいまなら無料で観れますよ(2018年7月現在)。

関連記事>>>Amazonプライムのメリット5選!キャンパーやバイク乗りこそ使うべき!

まとめ:50ccの原付バイクでも楽しいもんだよ

国道447号線とバイク

私にとっては、50ccの原付でも十分に楽しい。

速さを求める方には向きませんが、

・ゆったりドコドコと旅を楽しみたい

という方はハマると思います。

もちろん中型以上のバイクでも楽しめるかと思いますが、原付は燃費や維持費が安いですから、その辺りはご自身のスタイルによりますね。

もちろん無理に原付に乗る必要はありません。
ライフスタイルや趣味の問題もありますから。

ただ、ちょっとでも興味があるのなら検討の価値はあるかと思います。
新車でも手が出ない価格ではないですからね。

スーパーカブ という小説を読むと原付に乗らなくても、原付の魅力や生活の足としての一面が見えて楽しいですよ。

漫画版もありますぜ。

created by Rinker
¥648(2019/01/22 19:25:54時点 Amazon調べ-詳細)

次の記事へ>>>バイク・原付の5つの楽しみ方まとめ〜一人でもだいじょうぶ〜

コメント