ダイソーのスキレットをシーズニングしたのでやり方をまとめてみた

スキレットを購入したら、使用前に「シーズニング」というめんどくさい作業をしなければなりません。

私はめんどくさくて心が折れそうでしたが、バーベキューやキャンプでスキレット料理を作りたいという熱い想いからなんとかやり遂げることができました。

この記事では、私が行ったシーズニングのやり方を解説。
丁寧なやり方簡素化したやり方も合わせてご紹介しています。

関連記事>>>ダイソーのスキレットをソロキャンプで使ってみたのでレビューするよ!

シーズニングとは

新品のスキレットを購入したら、使う前にするべきことがあります。

それがシーズニング。

要は、スキレットを錆びさせないように油慣らしをする必要があるのです。

スキレットは鉄製ですから油慣らしをしないままほっといたら錆びてしまいます

やり方5ステップ

ダイソーのスキレットを例に、シーズニングにやり方を解説します。

いろんなサイトを参考にさせていただいたのですが、みなさんバラバラのことを言っていて正直何が何だか…。

「めちゃくちゃめんどくさそう」

というやり方から

「えっ、こんなもんでいいの?」

というやり方まで本当に様々。

ということで私が行ったシーズニングは、

「めちゃくちゃめんどくさくはないけど楽でもない」

というやり方になります。

また、飛ばしても大丈夫な工程についてもお話しておりますので、カンタンに済ませたい場合でも参考にしていただけるかと思います。

0.必要なもの

シーズニングに必要なものは、

・スキレット
・鍋つかみ
・食用油
・クズ野菜(なくてもいい)
・キッチンペーパー
・スポンジ
・食器用洗剤

以上の6点です。
どれも家にあるものばかりなので、特別道具を揃える必要はありません。

加熱方法はに関しては、「イワタニシングルバーナー(CB-JCB)をソロキャンプで使った感想」でご紹介したガスバーナーを使いました。
使用する際は、カセットボンベが熱くならないようにご注意ください。

また、鍋つかみは「キャンプで1000円の革手袋を使ってみたら耐熱性が抜群で最高だった」でご紹介した革手袋を使用。
スキレットをバーベキューやキャンプで使うことを想定されているなら、どうせ必要になるのでシーズニングついでに揃えちゃうことをおすすめします。

1.洗剤で洗う

スキレットと洗剤

まずは、錆止めとして塗られている工業用の油やワックスを落としましょう

ふつうに食器を洗うのと同じように、食器用洗剤とスポンジでゴシゴシ洗います。

最初はたわしを使おうかと思ったのですが、ダイソーのスキレットの注意書きには「たわしNG」とありましたのでスポンジを使用しました。

プチまとめ

・食器用洗剤でスキレットを洗う

2.お湯を沸かし空焚きする

スキレットで湯沸かし

洗剤で洗い終わったら、スキレットに水を半分ぐらい入れてお湯を沸かして捨てます。

人によっては、2〜3回ほど「お湯を沸かしては捨て」を繰り返すようですが、私はめんどくさかったので1回だけしました

また、お湯を沸かさない方もいらっしゃるようなので、飛ばしてもいい工程です。

しかし実際にお湯を沸かしてみるとちょっぴり油が浮いていたので、気になる方はお湯を沸かして油を落としたほうがいいかと思います。

スキレットを空焚き

つづいて、スキレットを空焚きしていきます。

スキレットの表面には細かい穴が空いていて、その穴に入ってる細かい水分を飛ばすことが目的。

スキレットの柄を焼いている

側面や柄の部分もきっちり火をアテていきます。

ただIHでシーズニングされている方もいるので、側面や柄の部分に火をアテなくてもよさそうです。
料理をする時と同じように、ふつうにコンロの上に置きっぱなしでいいかと。
IHは熱が上がりすぎて安全装置が作動するようなのでご注意くださいね。

空焚きしてるとだんだんスキレットが白っぽくなるので、全体が白っぽくなってきたら完了

プチまとめ

・お湯を沸かす(飛ばしていい)

・白っぽくなるまで空焚き

3.オイルを塗って焼く

スキレットにオイル塗り

つづいて食用油をスキレットに垂らして、裏面や柄部分も含めて全体にキッチンペーパーで塗り広げていきます
私はオリーブオイルを使用しました。

ちなみにやけどが危ないので、素手で触れるぐらいまで冷ましてからオイルを塗ると安心。

オイルが焼けて白い煙が出ている

そしてオイルを塗り終わったスキレットを、再度焼いていきます。
側面や柄の部分も忘れずに。

IHの方は、コンロに載せっぱなしでいいかと。

だんだんオイルが焼けて白い煙がモクモク出てきますので、その煙が出なくなったら完了の合図

人によっては、「オイル塗る⇒焼く」の作業を3〜5回ほど繰り返す方もいらっしゃるようですが、私はめんどくさくて1回のみやりました

プチまとめ

・食用油を塗る

・白い煙が出なくなるまで焼く

4.クズ野菜を炒めて水洗い

クズ野菜

つづいて、油をひいてクズ野菜を炒めます。

クズ野菜を炒める作業は匂い消しが目的のようなので、飛ばしちゃって大丈夫です。

スキレットでクズ野菜を炒めている

私はニンジンと玉ねぎの皮、きゅうりのヘタを炒めました。

こんな感じでこんがりするまで炒めます。

水洗い

炒め終わったら水洗いをするのですが、必ずスキレットが冷めてから洗ってください

スキレットは鉄製ですから、急激な温度変化に弱いのです。
高温から急に冷たい水をかけると割れてしまいます

水洗いは洗剤を使わず、スポンジやたわしでゴシゴシするだけ。
洗剤を使うとせっかく馴染ませた油が落ちてしまって1からやり直すハメになります。

プチまとめ

・クズ野菜を炒める(飛ばしていい)
・洗剤無しで水洗い

5.空焚きしてオイルを塗って完成

いよいよラストスパート。

空焚き

水洗いしたスキレットを、もう一度空焚きします。
側面や柄の部分まで水分をしっかりと飛ばしましょう

オイル塗り

そして最後にスキレット全体にオイルを薄く塗って、シーズニング完了です。

おつかれさまでした\(^o^)/

プチまとめ

・空焚き
・オイルを塗る

まとめ:ニトスキも基本は同じ

シーズニングの手順をかんたんにまとめると、

1.洗剤で洗う
2.お湯を沸かして空焚きする
3.オイルを塗って焼く
4.クズ野菜を炒めて水洗い
5.空焚きしてオイルを塗る

こんな感じ。

今回はダイソーのスキレットを使用しましたが、ニトリのスキレットでも同じ方法でOKです。

けっこうめんどくさいのでたいへんですが、一度やってしまえばおしゃれで美味しいスキレット料理を楽しめますよ。

関連記事>>>俺が作りたいスキレットを使ったキャンプ料理レシピ15選!【随時更新】

ご紹介したシーズニングの方法は「初めての使用前の手入れ」であって、使用後の手入れはまたちょっと違います。
それは別記事でまとめたいと思うので、しばしお待ちを。

次の記事へ>>>ダイソーのスキレットをソロキャンプで使ってみたのでレビューするよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました