一人・ソロツーリングの楽しみ方!なんかいい、ただそれだけ。

私はバイクで出かけるといえば、いつもソロツーリングです。
シンプルに友だちがいないという理由もありますが、たぶん友だちがいてもソロで走ってます。

それぐらい私にとってソロツーリングは好きな時間なのです。

・ソロツーリングとか寂しくない?
・一人で走ってなにが楽しいの?

と思われる方もいらっしゃいますよね。
正直な話、別にソロツーリングは楽しいものではありませんよ。

なんかいい、ただそれだけです。

自由・好きなことができる

バイクと茶畑

ソロツーリングの魅力は、

・自由!

のひとことに尽きますね。

出発時間も寄り道する場所も、休憩のタイミングも走る距離も…なにもかもが自由。
誰かが遅刻してくることもなければ、無理に速いスピードについていく必要もありません。

コーヒーツーリングセットを持っていって、景色のいいところがあればバイクを停めてのんびりアウトドアコーヒーを楽しんでもいいですからね。

またふだんはナビで走っているなら、一人のときに紙の地図やコンパスでツーリングしてみるのも冒険ぽくて楽しいですよ。

関連記事>>>地図とコンパスでバイクツーリング(冒険)する方法まとめ

こんな感じで、すべての意思決定を一人で行える、それがソロツーリングの醍醐味。

いちおう目的は決めて走る

ツーリングマップル

ただいくら自由といっても、ざっくりとでも目的地は決めたほうが走りやすいですね。

人間は選択肢が多すぎると逆に決められなくなってしまう生き物なので、目的地を決めてある程度は走るルートに制約をかけてあげたほうが走りやすいです(参照:選択の科学)。

目的地を決めとかないと交差点のたびに、「左折する?それとも右折?いや、直進だ!」と悩んでしまうので、フラフラしちゃって危険ですし。

仮でもいいので目的地を決めた上で、寄り道をしたりしたほうが楽しみやすいかなあと思いますよ。

あるいは、目的地を決めるのではなく方角だけ決めて走るのもあり。
「今日はひたすら西に進むぞ!」みたいな

バイクツーリングで方位磁石の使う3つのメリットと使い方のご紹介」でご紹介したように、コンパスだけを使って目的地まで行くこともできます。
冒険みたいで楽しいですよ。

ぶっちゃけ一人の時間が好きなだけ

国道447号線とバイク

複数人以上で行くマスツーリングが好きな方は、

・ソロツーリングなんて寂しくないの?
・一人で走ってなにが楽しいの?

と思われる方もいらっしゃるでしょう。

ぶっちゃけ私は一人で走っていてもそんなに楽しくありません
自由なのはいいけど、正直なところそこまで重要なポイントでもない。

私が一人で走るのは、

・一人の時間が好き

というだけです。

なんというか、家でのんびりくつろいでいるときの気持ちと似てますね。

いくら家が好きでも、

・やっぱり家は楽しいぜー!ひゃっほー!

とはなりませんよね。

どっちかというと、

・やっぱ家は落ち着くわ〜

というテンションになるはず。

その感覚に近いです。

一人でバイクに乗ってのんびりと考え事したり、景色のいいところで読書をしたり、そういう一人の時間が好き。

楽しいというより好き

だからソロツーリングに出かけています。
そもそも私には友だちがいないので、どっちしろ一人なのですが(笑)

トンネルとバイク

一人の時間が好きなだけなら近所の公園行けばいいじゃん、というのはもっともな話ですが、なんとなくバイクには近くにいてほしいんですよね。

バイクに乗る前は近所を散歩するだけで満足してました。
でもバイクに出会ってからはなんとなくバイクに乗りたい気持ちが出てきてしまって。

もともとバイクに乗り出したきっかけは移動手段としての側面が強く、それはいまでも大きく変わってはいませんが、ただそこにちょっとバイクへの愛が生まれてしまいました

だから一人の時間を楽しむイチ手段としてソロツーリングに出かけてる感じに近いです。

どうせ一人の時間を過ごすならバイク乗るかあ〜、みたいな。

気持ち的には小説・漫画「スーパーカブ」の主人公とちょっと似てますね。

とまあ、一人の時間が苦手だって方はそもそもソロツーリングは向いていないかも。

まとめ:原付でも大型バイクでもソロツーリングの楽しみ方は変わらない

☆ソロツーリングの楽しみ方

・とにかく自由
・目的地は仮でも決めとく
・ぶっちゃけ一人が好きなだけ

正直に申し上げますと、「ソロツーリングは自由なのがいいんだよね〜」、なんていうのは私の中では後付けの理由でしかありません

一人の時間が好きだからソロツーリングに出かける、ただそれだけ

だからそもそも一人が苦手な方には向いていないかもしれません。

何度かソロツーリングしてみて、寂しくて退屈で仕方なかったら、お友達といっしょに走りましょう。
無理に一人で走る必要はありませんからね。

次の記事へ>>>ツーリング初心者向け!バイク・原付の5つの楽しみ方〜一人でも大丈夫〜

コメント