2000円の激安ソロテントが意外とキャンプで使えたのでレビューするよ

この記事ではAmazonで購入した激安テントのレビューをします。

キャンプを始めたいと思ったときに、初期費用の高さに驚きました。
「キャンプにハマるかわからないからとりあえず安いテント買ってみるか」ということで購入したのが、2000円で売っていた激安テントです

自宅の庭で組み立て何回か寝泊まりしましたが、破れやポールが折れるなどの不具合はなく、「全然使えるじゃん!」というのが正直な感想。

雨に弱そう

Amazonレビューを見る限り、初期不良のケースがあるみたい。
返品の時間を考えると、すぐにテントが必要という場合には別のテントを検討したほうがよさそうです。

激安テント

また、縫製が雑なので、雨が降ると隙間から水が侵入してくる可能性があります。
耐水圧も高くないので、「絶対に雨が降らない!」という状況でないと使えません

ただ、雨に強いタープとセットで使えば、この激安テントは雨の日でも使えるかも。

個人的にいちばん問題だと思うのは、いつ壊れるかわからないという不安感が拭えないということです。
数回使えたとはいえ、次使うとき壊れたらどうしようって考えちゃいます。

なので、激安テントを使うときはビニールテープなどの補修道具を持って行きつつ、最悪テントが壊れても問題ないような状況で使うのがベストかなあと思います。
風が穏やかで、過ごしやすい時期のキャンプとか。

コンパクトで安いのは素晴らしい

とにかく安いので、キャンプを始めるにあたっての初期費用をグッと抑えることができます。
「キャンプにハマるかどうかわからないから、とにかく安く始めたい」という方にぴったりです。

先ほどは「雨の日は使えない」とお話しましたが、キャンプ初心者はわざわざ雨の日にキャンプをしないと思うので、とりあえずはこの激安テントでもいいかもしれません。

このテントのいいところは安いだけでなく、コンパクトなところです。

激安テント
2Lペットボトルとのサイズ比較ですが、このコンパクトさが伝わりますかね。

かなり小さいので、リュックやバイクの荷台への積載がとても楽ちんにできます。
そういう意味では、自転車やバイクでキャンプツーリングをする方に向いているテントかもしれません。

ただ、コンパクトなだけあって設営後のサイズも小さめです。
テントに入って、写真を撮ってみたので、サイズ感の参考にどうぞ。

※163センチ、58キロの男性

激安テント
あぐらをかいてみるとこんな感じ。天井には少し余裕があります。
激安テント
頭をギリギリまで詰めて、足を伸ばすとこんなもん。
激安テント
体をギリギリまで端に寄せると、サイドには意外とスペースが余ります。
165センチ以上の方は、膝を曲げて寝ることになるのでご注意ください

もっとゆとりを持ったテントが必要なら「バンドックのソロティピー1は安いけど買って後悔しないテントだった」は候補になるかと思います。

激安テント
このようにテントの入り口はメッシュにできるので、虫を気にせず換気ができます。
テントの中からも外からも開け閉めできるようになっていますので、使いやすいです。

関連記事>>>バンドックのソロティピー1は安いけど買って後悔しないテントだった

家や室内に設営すると楽しい

激安テント
このテントはコンパクトなので、部屋に設営して遊ぶこともできます。

私は冬の間、寝室として使っていました
かれこれ1ヶ月以上張りっぱなしでしたが、全然壊れません。

庭に設営して、プチキャンプをしたこともあります。

お子さんや甥っ子さんがいらっしゃるなら、いっしょに秘密基地ごっこをしてもいいですね。

関連記事>>>ダイソーのスキレットをソロキャンプで使ってみたのでレビューするよ!

付属品と組み立て方

はじめてこのテントを組み立てたときにけっこう苦戦したので、設営の仕方を解説します。
慣れれば10分もかからずに設営できますよ!撤収は5分もかかりません。

激安テント
付属品は、
・テントを入れる袋
・本体
・ポール✕2
・ペグ✕4
・天井カバー
となっております。

激安テント
まずは本体を広げて、ポールを対角に通しましょう。
必要に応じて、テントの下にブルーシート等を敷いてください。
激安テント
次に、本体の四隅についている穴にポールの先を入れてください。
穴が2つありますが、テント側の方に刺しましょう。
このときに強引にやるとポールが折れてしまいますので、慎重かつ丁寧に行ってください。
激安テント
四隅にポールを刺し終えたら、上の画像のようになります。
激安テント
最後に、テントのてっぺんにあるひもを結んで完成です。
激安テント
あとは必要に応じて、テントが風で飛ばないようにペグを打ったり天井カバーをかぶせましょう。

ペグは細くて頼りなさそうですが、芝生では問題なく使えました。
ただいつ折れてもおかしくないほど貧弱な見た目なので、「ホームセンターの安いペグ4種類比較してみた!ついでに100均も!」でご紹介したように、ホームセンターのペグを購入されるとよいかと(太さには注意)。

また、テントにはペグハンマーが付属していなかったのですが、ダイソーのゴムハンマーで代用できましたよ。

関連記事>>>すごいぞ100均!キャンプで使える100均道具8選!!【随時更新】

まとめ:激安ソロテントはキャンプの初期費用を抑えたい方におすすめ

もう少しお金を出したほうが安心できると思いますが、安さ重視の方にはおすすめできます。

ただし、雨が降っているなど、ハードな環境での使用はやめといたほうがよさそう。
せめてタープとの併用を考えましょう。

なぜか楽天だと高いので、Amazonで買うことをおすすめします。

安くておしゃれなテントがほしい場合は、バンドックのソロティピー1もいい感じです。

次の記事へ>>>バンドックのソロティピー1は安いけど買って後悔しないテントだった

コメント