バイクツーリングに行くときナビと紙の地図どっち派?私は使い分け派

グーグルマップとツーリングマップル

・ナビなんて使ったらツーリングじゃねえ!
・ナビの言いなりになってなにが楽しいんだ!

・地図なんてめんどうなだけ!
・地図使ってるやつはただの時代遅れ!

みたいな極端な意見は言いません。

私はどっちも使ってみた上で、それぞれにメリット・デメリットがあると感じていますので。

そして行き着いた答えが「使い分け」です。

この記事では私のナビと地図の使い分けをご紹介するのですが、その前にそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

メリット・デメリットを踏まえた上で、ナビと地図の使い分け方をご紹介しようかと。

関連記事>>>バイクツーリングルート作成方法と実際の走り方【地図初心者向け】

ナビのメリット・デメリット

デイトナのスマホホルダー

スマホをナビとして使ったと仮定。

☆メリット

・目的地までかんたんにたどり着ける
・荷物がかさばらない
・夜でも見やすい
・音声で案内してくれるからマップを注視しなくていい
・情報が常に最新

☆デメリット

・電源や電波の問題で使えなくなる
・日中は太陽光で見にくい
・どこか味気ない(人による)

ぱっと思いつくのはこんな感じです。

デメリットに挙げている、

・電源や電波の問題で使えなくなる

この点ですが、バイクから電源を引けばほぼほぼ解決。
また電波が届かないようなところに行かない方ならデメリットにはなりません。

・日中は太陽光で見にくい

この点に関しては、ナビの音声が解決してくれますね。

ということで、個人的にはナビの欠点はあまり見当たりません

関連記事>>>バイクにデイトナのスマホホルダーに取り付けて使ってみた感想

しかし一点だけ許容できないデメリットが…

・どこか味気ない

この点だけはナビではどうしようもありません。

「ナビでもめちゃくちゃツーリング楽しいよ!」という場合は問題ないのですが、私はちょっと味気なく感じてしまいます。

というかむしろ、

・地図への憧れがある

といったほうが正しいかもしれません。

私は、地図を片手に大きな荷物を積んだ相棒といっしょに旅をする、といったことに憧れがあります。
おそらくその気持ちが、ナビではどこか物足りない、と感じさせているのでしょう。

そのため、ナビではなく地図も使うようになったのではないかと。
単純にバイクから電源が引けなかったから、という理由もありますが(笑)

紙の地図のメリット・デメリット

ツーリングマップルとタンクバッグ

メリット

・旅や冒険ができる
・基本的にツーリング中使えなくなることはない
・なんかカッコイイ

デメリット

・めんどくさい
・文字が小さくて見にくい
・迷子になりやすい
・迷子になったときの不安感がハンパじゃない
・道を覚えなきゃいけない
・夜は見えない
・荷物になる
・ルート決めの時間が必要
・タンクバッグに地図が入りにくくてイライラする
・情報が古くなるため買い替えが必要
・その他もろもろ

メリットの数に対してデメリットの数がすごいです(笑)

それでも私は地図を使いたい

私は20代男性で、バイクツーリングでは地図よりナビが当たり前の世代です。
でも地図の魅力に取り憑かれています。

迷子になった先でおもしろいものを見つけたり、試行錯誤しながら進んでいく感じがたまりません。
もうダメだと思ってからもうひと踏ん張りすると活路が見えてきて、ほんと旅そのものだし、ロマンなんです。

うまく言葉に出来ないですが、とにかく「なんかいい」

関連記事>>>バイクで行くコーヒーツーリング!ぼくが使ってる7つ道具をご紹介!

ツーリング時の私の使い分け方

ではここからは本題のナビと地図の使い分け方についてご紹介します。

あくまで「私はこうしてるよー!」というお話なので、ご自身のバイクライフに合わせてアレンジしてくださいな。

先に言っておきますと、地図に魅力を感じないのならスマホのナビ一択ですよ。
わざわざめんどうな地図を使う必要はありません。

地図を買うとしてもいざというときのための緊急用として。

ただちょっとでも地図に興味があるのなら、一度地図ツーリングを体験してみてほしいなあと個人的には思います

移動手段としてバイクに乗るときはナビ

明確な目的がある場合はナビを使うことが多いです。

たとえば、

・市役所行って手続きしないと
・◯◯キャンプ場でキャンプしよ

といった場合。

あくまで移動手段としてバイクに乗るときにナビを使います
迷子になることなく最短距離で目的地に向かいたいですからね。

あとは地図とコンパスでツーリングに行って迷子になったとき、最終手段としてナビを使います。
いざというときの保険のようなものです。

スマホホルダーは「バイクにデイトナのスマホホルダーに取り付けて使ってみた感想」でご紹介したものを使用中。

楽しむ目的でバイクに乗るときは地図とコンパス

一方で、バイクに乗ることを目的としてバイクに乗った場合や、冒険してみたいときには地図とコンパスを使ってツーリングに出かけます

目的地なんてどこでもいいんだ!
とにかくどこか旅に出たいんだ!

ってときですね、地図を使うのは。
地図とコンパスを使うだけで、短い距離でも一気に旅感が出るんですよ。

関連記事>>>バイクツーリングルート作成方法と実際の走り方【地図初心者向け】

地図は20年前のツーリングマップルをAmazonで購入して使ってます。

created by Rinker
¥5,670(2019/07/22 07:20:58時点 Amazon調べ-詳細)

古い地図でツーリングするのもおもしろいかと思いまして。

地図を入れるタンクバッグは「バイクにコミネのタンクバッグを付けたらツーリングが超快適になった件」でご紹介したものを使用中。

コンパスを使う理由は、迷子になる確率を下げるためです。
紙の地図を使うのならコンパスもあると便利ですよ

関連記事>>>バイクツーリングで方位磁石の使う3つのメリットと使い方のご紹介

ナビを使うときは比較的近場が多いため、保険として地図やコンパスを持っていくことはありませんね。

まとめ:自身のバイクライフに合わせた使い分けを!

原付とダート道

ナビと地図の特徴をひとことでまとめるなら、

・ナビは便利!
・地図は不便!

といったところでしょうか。

地図を使う身としては、「地図はナビと同じぐらい便利なんだぞ!」ってところを力説したかったのですが無理でした(笑)

でも、地図には地図にしかない魅力があります。
ちょっとでも「紙の地図使ってみようかな」と思っていただけたのならうれしいです。

どちらかひとつ持つならナビがおすすめですが、私の気持ち的には地図も勧めたい(笑)

次の記事へ>>>バイクツーリングルート作成方法と実際の走り方【地図初心者向け】

コメント

タイトルとURLをコピーしました